住宅用太陽光発電

HOME住宅用太陽光発電

太陽光発電とは

太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付け、太陽の光で電気をつくります。
つくった電気は実際にご家庭で使用して、使いきれずに余った電気は電力会社が
買い取ってくれます。災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気を
使うことができる、環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムです。
太陽光発電施工例

住宅用太陽光発電の仕組み

  • 太陽電池モジュール

    太陽の光から電気を作る

    このパネルで太陽の光を受けて、電気を
    つくります。
  • パワーコンディショナ

    家庭で使える電力に変換する

    太陽電池モジュールで発電された電力(直流)を家庭で使える電力(交流)に変換。さらにシステム全体の運動を自動管理します。
  • 屋内分電盤

    電力を各電気機器に送る

    発電した電力を各部屋で使えるように送ります。
  • 電力量計

    売る電力と買う電力を量る

    発電して余り売却した電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ表示します。
※自動運転だから、日常操作は不要です。
電力発生、売電、買電すべてにおいて自動的に運転しますので、操作等の手間はかかりません。太陽電池の表面は強化ガラスで覆われており耐久性に優れています。

※災害等による、昼間の停電時でも電気が使えます。
万が一の災害時でも、太陽光さえあれば、自立運転機能により、専用コンセントを用いて電気製品(最大1.5kVA)が使用できます。
PageTop

住宅用太陽光発電のメリット

クリーンエネルギーである太陽光発電システムは、私たちが「地球温暖化のためにできること」の一つと言えるかもしれません。
例えば、化石燃料(石油や石炭など)を使う火力発電では、CO2を排出し、限りある地球資源をどんどんと減少させているのです。
太陽光発電システムではこのような問題に非常に貢献し、かつ経済的なメリットへもつながるのです。
お子様やお孫様の時代に向けて、「太陽光発電」+「オール電化」でエコで快適な暮らしを、そろそろ始めてみませんか。

発電した電気を使うことができます

昼間発電した電気は、ご家庭の電力として使う事が出来るため、その分の電気代はタダとなります!

余った電気を売ることができます

使用して余った電気は電力会社に売ることが可能となり、面倒な手続きや作業は一切不要です。
毎月、電力会社より売った分の電気代がお客様の口座に入金されます。

災害時にも活用できます

地震や台風などの災害により、停電になった場合でも、太陽光発電の電気を供給ができます。
専用のコンセントに、使用したい電気製品を差し込めば、発電している分の電気を使うことができます。

省エネ・節電への意識が高まる

身近で発電した電気は大切に使いたくなります。節電に対する関心を高め、環境問題への意識が向上します。
PageTop

補助金制度

太陽光発電の導入で補助金が出ます

地球温暖化防止に貢献する自然エネルギー促進の施策の一環として、地方自治体による補助金制度があります。
地方自治体による補助金は自治体ごとに条件、受付開始、締切日が異なっています。

詳細につきましては、下記までお問い合わせください。

 

サポートセンター

〒225-0002
 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-10-13  USビル4階

TEL:0120-82-4846 

PageTop

住環境システムサービスの主要取引メーカー

住宅用太陽光発電
太陽光発電とは
住宅用太陽光発電の仕組み
住宅用太陽光発電のメリット
補助金制度

住環境システムサービス株式会社

本社

〒590-0952
大阪府堺市堺区市之町東4丁1-20

サポートセンター

〒170-0013

東京都豊島区東池袋

3-20-21

広宣ビル4F

 

 TEL:0120-82-4846

[太陽光発電のメリット]太陽光発電の疑問に漫画でお答え!

PageTop